TAKE_RUNのブログ

走る事 食べる事 旅する事で 自分を解き放とう!

米CPI対前年8.6% インフレ再加速懸念でマーケット動揺

5月CPIは4月の値8.3%以下に落ちつき、インフレピークアウトが確認できる

と見込んでいたマーケットは昨晩大幅下落した。

CPIを懸念して前日もNYダウは下落していて、この2日間で1500ドルを超え

る大幅下落となった。

続いて発表されたミシガン大学消費者態度指数も前月比14%下落の50.2な

り1952年以来の最低を更新した。

インフレ加速&リセッションのダブルパンチで米株価の回復期待は遠のいたよう

だ。バークレイズは来週のFOMCで6月の長期金利の利上げ幅を0.5から0.7

5%に変更した。

米国長期金利は早速3.165%まで上昇。

 

日本市場も11日早朝の大阪取引所夜間取引で日経9月先物は前日比で510円

安い27,340円まで下落した。

 

来週14日、15日の米6月FOMCの報告があるまでは少なくとも市場はリスク

オフだろう。パウエル議長も相当風当たりが強くなるだろうから、タカ派的な姿

勢をアピールしてくると思う。

 

僕もしばらくは様子見。ただ6月の米ETFの配当をVOOに入れるくらいしかやる

こともないかな。昨晩でシナリオが大きく変わってしまった。

デイトレでは空売り目線でチャンスを伺う見込み。