TAKE_RUNのブログ

走る事 食べる事 旅する事で 自分を解き放とう!

20km走からの ほうれん草の定番レシピ

 

f:id:TAKE_RUN:20200205220517j:plain
f:id:TAKE_RUN:20200205220421j:plain

今日の足の具合は、以下の通りで思ったよりダメージを受けていない。

 気になっていた大腿四頭筋は問題なし。

 下り坂であえてスピードを抑えて走ったのがよかった。

 左のハムストリングス(腿裏の筋肉)に違和感あり。

 上り坂で心肺機能をあげるために必死のパッチで走ったのが原因か。

 足裏の母子球が両方ともやや痛みあり。

 ナイキのズームフライフライニットで走ると靴底のカーボンプレート

 が母子球に当たる。前足部着地の自分には衝撃が直に来るので、走り

 方を変えるか、衝撃に耐えられる足をつくるか考える必要あり。厚底

 部分(中足部から踵まで)のクッション性や足を前に運ぶ構造の利点

 があるので、悩ましいところ。

 

ともあれ20km走を実施する事にした。

今日は練習前に納豆と卵とご飯、それとヨーグルトにレーズンを入れた

ものを食したので、17kmくらいまでは空腹なし。以降は贅肉達に頑張

ってもらい何とか走りきれた。

 

走りながら考えていたのは、ランニングは一輪車に乗るイメージで走る

とテンポよく走れると言うこと。

体を前傾させないと前には進まない。軸足でバランスをとり頭から重心

の真下まで串刺しになる感じ。体の後ろに車輪があるイメージ。足はペ

ダルを踏む感じで回して行く。ペダルに力を入れるのが腕振り。

こんなイメージで走ったら後半楽に走れた。

 一輪車には乗ったこと無いけど。😥

要は前に行く慣性の力と重力を如何に前に進む推進力として利用できる

姿勢で走れるかが、経済的走行のポイントではないか。

そんなことを考えながら何とか止まらずに進めた。

 

3月9日の静岡マラソンまでに1分/km縮め、倍の距離を走るのが目標。

本当に出来るの? 挑戦です。

 

帰宅後は昨日買ったほうれん草を使った簡単な一品を作った。

1、フライパンにオリーブオイル(本当はバターが使いたいが、カロリ

  ー高そうなので我慢)少量とベーコンを投入する。程よくカリッと

  したら、ベーコンを取り出す。

2、ベーコンからの油も出るのでフライパンに溜まるが、躊躇せずに

  き卵2個分を投入。(油が多めの方が卵がふわっと仕上がる)

3、卵が固まりかけたら箸で卵をフライパンの片側に寄せてザク切り

  うれん草と取り置いていたベーコンをフライバンに入れ、塩胡椒

  振って混ぜたら完成。

 

本だしや鶏がらスープを色気を出して入れる必要なし。ベーコンの塩味

と旨味で食す。簡単なのでやったことが無い方は是非ほうれん草が生き

生きしているこの時期にやって欲しい。超簡単で、病みつきになる味で

す。

失敗するとすれば、塩の入れすぎ。卵の焼き過ぎの2点。